北海道の野生動物観光

阿寒摩周国立公園周辺の野生動物

エゾフクロウ
エゾフクロウは、ウッドフクロウの種に属し、平均的なフクロウよりも少し白くなる傾向があります。 この大きなフクロウは、頭が丸く、耳の房がなく、尾がくさび形の比較的長い尾を持つ
シマフクロウ
シマフクロウは世界最大のフクロウであり、世界で最も希少な鳥の1つです。 自然な状態で観察することは非常に困難です。 IUCN絶滅危惧種に分類されています。 また、日本の指定された天然記念物です。
クマゲラ
クマゲラは日本最大のキツツキ類で、45cmを超えて成長できます。 黒いキツツキは、日本の天然記念物に指定されています。
オジロワシ
オジロワシは北海道東部で越冬する大きな猛禽類です。 また、一年を通して見ることができる非移住性のオジロワシの小さな個体群があります。 日本指定の天然記念物です。
オオワシ
オオワシは最も重く知られているワシであり、しばしば世界で最も壮大な猛禽類と呼ばれています。 それは日本の指定された天然記念物であり、脆弱として分類されたIUCN絶滅危惧Ⅱ類です。
エゾシカ
日本最大のニホンジカ種。 エゾシカは北海道原産です。夜に運転するときは必ず注意してください。
キタキツネ
北海道で出会える野生動物と言われています。 しかし、実際には冬に弱体化する可能性があるため、それらに餌を与えないことが重要です。
エゾリス
北海道原産のリスの一種。 冬には冬眠しないため、雪の多い冬でも一年中見ることができます。

野生動物観光のマナー

近年、野生動物観光はますます人気が高まっています。 アマチュアの野鳥観察者やカジュアルな野生生物の探索者にとって、野生の動物を見つけて観察することは容易になっています。 これは、特定の地域や動物、特に脆弱になったり、絶滅の危機に、したり、絶滅の危機にbecomeしたりしている種に注意を向けるのに最適です。 しかし、野生動物に関しては責任と敬意を払うことが非常に重要です。 以下は、より責任ある旅行者になるためのマナーとヒントのリストです。スーパーコピーブランド

  • グループを小さくしてください。外乱を最小限に抑えるのに役立ちます。
  • 旅行をさらに楽しむために、旅行する前に地元の環境や野生生物について自分自身を教育するようにしてください。
  • あなたと動物の間の敬意を払って距離を保つようにしてください。走ったり、飛んだり、泳いだりする動物は追跡しないでください。
  • 動物に警告しないように、できる限り騒音を少なくしてください
  • 赤ちゃんや春の動物を見かけたら、特に注意してください。母親は若者を非常に保護することができます。
  • 巣、巣穴、巣穴、または他の繁殖地には近づかないでください。それらを遠くから観察してください。
  • 野生動物に餌を与えたり触れたりしないでください
  • 特に夜間は、適切な速度で注意して運転してください。
  • 車で動物にぶつかったり、怪我や死んだ動物を見つけた場合は、適切な当局に報告してください。
  • 近くに群衆がいる場合は、動物を邪魔しないように他の野生生物を探しに行くことを検討してください
  • ゴミは常に適切な場所に廃棄するか、持ち帰ってください。
  • 快適な靴を着用し、適切な屋外服を着用してください。
  • 地元の保全について学び、あなたが助けることができるものがあるかどうかを確認してください。
  • 地域コミュニティを支援する理由を見つけてください。
  • そして最後に、安全かつ責任を持って旅行するようにしてください。

野生動物観光のアクティビティ

屈斜路湖と釧路川のカヌー

湖の周りや川への素晴らしいカヌー乗りをお楽しみください。 一年中、景色は息をのむようであり、川沿いにさまざまな鳥や他の野生生物を見つけることができます。 冬には特別な暖かいスーツが用意されますので、寒さを心配する必要はありません。

提供会社:屈斜路ecoツアーズ

スノーシューズ動物トラッキング

ガイドと一緒に出発し、野生へと向かいます。 ガイドは、最近の動物の活動や目撃情報に基づいて、エリア内の適切な場所を選択します。

提供会社:ナショナルパークツーリズムてしかが



↓ ↓ ↓ モデルコース ↓ ↓ ↓

コース1

1日目
釧路空港から川湯への送迎
途中、鶴居伊東タンチョウ保護区に立ち寄り、ツルを観察して学びます。
ホテルへのチェックイン

2日目
AM:屈斜路湖周辺の野生生物観察
PM:清里町でのバードウォッチング(オジロワシ、オオワシなど)
鹿、キツネ、その他の野生生物を1日中見ることができます。

3日目
AM:屈斜路湖とKu路川でカヌーに乗る(シカ、キツネ、ワシ、ミンクなど)
PM:摩周湖周辺のスノーシューズの動物追跡(鹿、キツネなど)

4日目
釧路空港に戻るか、北海道の次の目的地に進みます。

コース2

1日目
釧路空港に到着
阿寒湖への送迎
途中で立ち止まって、日本のツルについて観察し、学ぶ
ホテルへのチェックイン

2日目
阿寒湖畔エコミュージアムセンター
自然散歩阿寒湖からボッケ泥の泡まで
川湯への送迎
屈斜路湖周辺の自然散策
川湯エコミュージアムセンター
ホテルへのチェックイン

3日目
AM:屈斜路湖とKu路川でカヌーに乗る(シカ、キツネ、ワシ、ミンクなど)
PM:摩周湖周辺のスノーシューズの動物追跡(鹿、キツネなど)

4日目
釧路空港に戻るか、北海道の次の目的地に進みます。

オプショナルツアー

1)朝日のタンチョウ視察
2)摩周湖霧氷ツアー
3)摩周湖展望台から見つめる星
提供会社:ナショナルパークツーリズムてしかが


アクティビティとツアー会社

ナショナルパークツーリズムてしかが

https://tourism-teshikaga.co.jp/

屈斜路ecoツアーズ

http://kussharo-eco.com/